2014年01月11日

日本トランスネットが行うモーダルシフトについて

日本トランスネットが、行うモーダルシフトについて。
日本トランスネットが、行っているモーダルシフトについて紹介させていただきます。
日本トランスネットは、遠距離便に対しCO2削減量の少ないフェリーを利用しています。
日本トランスネットは、フェリー便の利用による地球温暖化対策に取り組んでいます。
日本トランスネットは、地球温暖化対策に真面目に取り組んでいるのです。
大阪の運輸会社は、日本トランスネットです。
ご紹介させていただく運輸会社は、日本トランスネットです。


日本の貨物輸送の主流はトラック輸送です。運輸部門のCO2排出量はわが国全体の約2割ですが、そのうち9割はトラック(自動車)が占めています。そこで、物流輸送をトラックから地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換、モーダルシフトする事で地球温暖化対策となるのです。日本トランスネットでは、関東〜九州間、関西〜九州間の輸送をフェリー便にシフトしています。

日本トランスネットでした。





[関連キーワード]
株式会社日本トランスネット 日本トランスネット求人 日本トランスネット東大阪 日本トランスネット大阪支店 日本トランスネット埼玉支店 日本トランスネット南大阪支店 日本トランスネット千葉支店 日本トランスネット北九州 日本トランスネット車両
[注目ワード]
プリティーリズム にじいろジーン 腹ばい 旅サラダ 三鷹駅 ムジカピッコリーノ ブランチ チョコレートピザ 鏡開き 大田昌秀
posted by 日本トランスネット at 12:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本トランスネットは1日どれぐらいの荷物を運んでいますか。
Posted by at 2014年01月11日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。